麻布大学

オープンキャンパス 2019.8.4

INFORMATION開催概要

終了致しました。たくさんのご来校ありがとうございました。

開催日
2019年8月4日(日)
受付場所
麻布獣医学園アリーナ
受付
9:30 ~ 15:30
開催
10:00 ~ 16:00

※全プログラム予約不要・入退場自由です。
※お車でのご来場はご遠慮ください。

オープンキャンパス 受付票 オープンキャンパス チラシ 誓約書

PROGRAMプログラム

麻布獣医学園アリーナ内プログラム

大学からのメッセージ 及び
当日のプログラム説明

10:00~10:30

学長からの挨拶の後、当日のプログラムの見どころなどを紹介します。

学科説明

10:30~11:45
13:30~14:45

※午前と午後、2回行います。
各学科15分

  1. 臨床検査技術学科
  2. 環境科学科
  3. 食品生命科学科
  4. 動物応用科学科
  5. 獣医学科

保護者対象説明会(就職)

11:50~12:20
14:50~15:20

※午前と午後、2回行います。
キャリア・就職支援課長が、本学の就職状況や就職支援体制等について保護者の方向けに説明します。

在学生による個別相談コーナー
生協の学生生活コーナー

10:30~16:00 (最終受付時間:15:40)

受験に向けた勉強方法や、大学生活のこと、研究室のことなど、在学生に色々と聞いてみましょう!

学費・奨学金相談コーナー

10:30~16:00 (最終受付時間:15:40)

学費・奨学金についての疑問などがありましたら、本学の担当職員と相談できます。

就職相談コーナー

10:30~16:00 (最終受付時間:15:40)

就職についての疑問などがありましたら、本学の担当職員と相談できます。

産業動物レプリカコーナー
「牛・豚・馬教育等身大レプリカ」

10:30~16:00

牛・豚・馬の、等身大レプリカを展示しています。

産業動物レプリカ教員解説タイム
下記の時間に、教員による産業動物レプリカの解説を行います。
①12:30~12:50
②15:30~15:50


公開授業


獣医学科
(高木 哲 先生)

10:40~11:10

「犬と猫のがん治療~これまでの進歩とこれからの展望~」

首都圏には人口の3割が集中しており、飼育されている犬や猫の数も非常に多くなっています。そのため、地域貢献として麻布大学附属動物病院でもいわゆる二次診療施設ということで診断・治療が困難な病気が多く来院します。特にここ数年は伴侶動物の寿命が延長し、がんが増えてきました。この授業では動物のがん治療のこれまでの進歩、そしてどのような研究が行われているかを紹介します。

環境科学科
(片平 浩孝 先生)

11:20~11:50

「フィールドの寄生虫生態学入門:どこにどんな種がどれくらい?」

普段目立つことはありませんが、寄生虫は生態系の中で大きなバイオマスを占め、生物間相互作用や系の安定性に関与していると考えられています。こうした寄生虫をどのように調査し、その暮らしぶりを明らかにしているのか、具体的な事例を交えながら研究の取り掛かりに必要な基礎知識を紹介します。

臨床検査技術学科
(曽川 一幸 先生)

12:00~12:30

「健康診断における臨床検査について」

健康診断は日常生活の健康状態および疾患の早期発見・早期治療に非常に重要です。健康診断を受けることで、自覚症状のない疾患や、疾病のリスクの高さも早期発見することができます。臨床検査の項目で、特に生化学検査について詳細に説明致します。

食品生命科学科
(守口 徹 先生)


12:40~13:10

「食生活のなかの避ける油と摂るべき油」

これまで油は「太る」イメージから悪者扱いされてきましたが、最近の研究で現代の食生活で避けるべき油と摂らなくてはならない油があり、ちゃんと選べば油はカラダにとってプラスになることがわかってきました。 公開授業では、油脂の解説とともに、私たちの食生活に必要な油について動物実験結果を基にわかりやすくお話します。

動物応用科学科
(水野谷 航 先生)

13:20~13:50

「筋肉と食肉は同じ肉でも何が違うの」

私たちが普段食べている食肉は、生き物の体を構成する組織で言うと、骨格筋いわゆる筋肉と呼ばれるものになります。筋肉というとスポーツやボディビルダーのようなイメージを連想するかも知れませんが、食肉の特性にもこの筋肉の特性が強く関係しています。今回の授業では、筋肉と食肉の意外な関係性そして食肉のおいしさの理由についてお話をいたします。


実習体験


獣医学科
(産業動物内科学研究室)

13:00~15:00 (最終受付時間:14:30)

産業動物診療体験

聴診器を使って牛の心臓や第一胃運動の音を聞く体験ができます。会場となる産業動物臨床教育センターは、最新の設備を備えた大動物(産業動物)の診療・実習を行う施設です。
この実習体験に参加する場合には「誓約書」の御提出が必要です。また、産業動物臨床教育センターに入る際には消毒にご協力いただきます。
所要時間:10分

動物応用科学科
(動物繁殖学研究室)

10:30~16:00 (最終受付時間:15:30)

哺乳動物の精子や胚を見てみよう!液体窒素で凍らせてみよう!

多くの哺乳類では、精子や胚を液体窒素(-196℃)に漬けておくことで半永久的に保存することができます。この技術は、実験動物や家畜あるいは希少動物や野生動物の保存、さらにはヒトの生殖医療にも応用されています。今回はまず哺乳動物の精子や卵を観察して、動物の種類によってどんな違い(大きさや色、等)があるかを知ってもらいます!また実際に液体窒素で、精子の凍結保存にチャレンジしてもらいます!
所要時間:約10分

臨床検査技術学科
(病理学研究室)

10:30~16:00(最終受付時間:15:30)

ラットの肝臓のヘマトキシリン・エオジン染色をしてみましょう。

未染のラット肝臓のプレパラートを用い、「ヘマトキシリン・エオジン染色」という病理学検査で最も基本となる染色を各自で行います。染色後、「封入」します。核、細胞質および赤血球がどのような色調に染色されるか実際に光学顕微鏡で観察します。また、ヒトの肝硬変および肝細胞癌の病理組織標本と比較して観察します。
所要時間:約20分

食品生命科学科
(食品分析化学研究室)

10:30~16:00(最終受付時間:15:30)

和食の出汁(だし)を用いてうま味の相乗効果を体験しよう

「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、和食の基本「だし」が世界に知られるところとなりました。和食だしの素材には主に、昆布、カツオ節、煮干し、乾ししいたけが使われ、グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸のナトリウム塩がこれらのうま味を特徴づけます。実習では、2種類のだしを用いてうま味の相乗効果を体験します。
所要時間:5~10分

環境科学科
(環境分析学研究室)

10:30~16:00 (最終受付時間:15:30)

エックス線で、身の回りの物質の元素をはかってみよう!

「X線」 と聞くと、レントゲン写真を思い浮かべるかもしれませんが、実は、X線を使った特殊な分析装置で測定すると、物質に含まれている元素の種類や量を知ることができます。
実習体験では、当研究室のX線分析装置を使って、私たちの身の回りにある物がどんな元素でできているかを1分程度で分析します。土壌や石、草木、飲料水などの環境試料はもちろん、アクセサリーやネックレスなどもお持ち頂ければ分析します。
所要時間:5分

環境科学科
(環境衛生学研究室)

10:30~16:00 (最終受付時間:15:30)

身の回りの化学物質の毒性をさぐる

環境中には様々な化学物質が存在しています。化学物質には、通常使う量では無害なものもがほとんどですが、中には強い毒性を持っているものも存在します。実習体験では、われわれの身の回りにある化学物質がどんな性質をもっているのか?私たちの身体を構成している細胞にどんな影響を及ぼすのか?二種類の実験で確かめてみましょう!
所要時間:各10分


入試関連プログラム

2020年度入試について

12:00~12:30
14:00~14:30

※午前と午後、2回行います。
昨年度一般入試結果の振り返りと、今年度入試の変更点や入試区分ごとのポイントを説明します。

在学生による合格体験談

12:30~13:00
14:30~15:00

※午前と午後、2回行います。
在学生が、麻布大学に合格するまでの勉強方法やアドバイスなどを紹介します。


その他たくさんのプログラムもご用意しています!

教員による個別相談コーナー

10:30~16:00 (最終受付時間:15:40)

入学試験のことや入学後の授業や研究、興味のある内容や分野が学べるのかなど、皆さんが大学選びで疑問に思っていることについて教員に気軽に相談することができます!麻布大学以外で気になっている大学と麻布大学との違いについても質問して、よりご自身に合った進路選択の参考にしてください!

学食体験(無料)

11:00~15:00

本学の学食が体験できます!
※食事券は、受付票と引き換えにお渡し致します。
※食事券の数には限りがありますので予め御了承ください。


ベーカリー食品生命

11:30~16:00

パンの試食

食品生命科学科の学生が製造したパンを試食できます。また関連する実習の様子なども展示します。冷たい飲み物も用意していますので、休憩がてらお立ち寄りください。
※教室内での試食限定です。お持ち帰りなどはなさらないでください。
※数に限りがありますので予め御了承ください。

いのちの博物館見学

10:30~16:00(最終受付時間:15:40)

2015年に本学園125周年を記念して開設された博物館では、125年の教育・研究の中で蓄積されてきた動物の骨格標本や貴重な学術資料を見ることができます。

動物病院見学

10:30~16:00 (最終受付時間:15:30)

診察室や普段見ることのできない手術室など、国内の獣医系大学の動物病院としてはトップクラスの規模を誇る麻布大学附属動物病院の中を見学できます。

図書館見学

10:30~16:00 (最終受付時間:15:40)

一般的な雑誌から学生や教職員の教育研究に必要な図書学術雑誌まで閲覧できる施設です!

パネル展示

10:30~16:00

各研究室の研究内容をポスターで展示します。

研究室公開(獣医学部)

10:30~16:00

実際に研究室に所属して研究を行っている学生が、研究室のことや研究内容などを説明します。是非見に来てください。

サイエンスカフェ
麻布大学が取り組む最先端の科学研究 ~ヒトと動物の健康社会をめざす動物共生科学~

15:40~17:00 (事前予約不要)

本学が取り組んできた研究プロジェクト「動物共生科学の創生による、ヒト健康社会の実現」(文部科学省・私立大学研究ブランディング事業・平成28年度採択)について、プロジェクトの全体像と3本柱(社会・認知/遺伝子/微生物)をわかりやすくご紹介します。さらに、研究者と直接ご歓談いただけます。ドリンクとお菓子も提供するカフェ形式で、事前申込は不要ですので、ぜひお気軽にご参加ください!
※オープンキャンパスの期間、同会場では紹介パネルの展示も実施しています。

※オープンキャンパスにおける「動物ふれあい体験」について
麻布大学では、これまでオープンキャンパスにおいて「動物ふれあい体験」を通して、実際の動物の生きるチカラやその不思議に触れていただいておりました。そこでは、動物のもつ有用性の活用という「人間からの視点」と同時に、動物が感じる快情動だけでなく、それに伴って動物が受ける負荷という「動物からの視点」にも配慮して実施してまいりました。しかし近年、動物の情動やストレスの計測方法が進歩し、触れ合い時における動物の状態のより正確な把握が可能となってまいりました。そこで、オープンキャンパスでの不特定多数による「ふれあい体験」を動物の福祉を最大限に尊重した方法へと変更することにいたしました。
現在、「ふれあい体験」にかわる新しい企画を模索しております。皆様のご理解ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

SHAREオープンキャンパス 2019.8.4の情報をシェアしよう!

オープンキャンパス一覧へ戻る