麻布大学

Pickup Study学部の紹介動画や注目の研究室についてご紹介しています。

MOVIE注目動画

LABORATORIES注目の研究室

  • 獣医学科
    解剖学第二研究室
    教授:山本 雅子
    准教授:坂上 元栄
    母親の飲食やコンディションが
    胎子の成長に与える影響を研究

    ほ乳類にしか見られない胎生期の親子関係について血管や目、内分泌腺、生殖腺などの発生を通じて研究しています。この研究の面白いところは、生き物の身体がつくられる最初の段階についてさまざまな視点から学べる点です。特に私が取り組んでいるのは、ラットの胎子に起こる奇形の研究。妊娠中の母親ラットが、一般的な栄養分であるビタミンAを過剰摂取することで胎子の奇形が増加するだけでなく、ビタミンEを同時に摂取するだけで奇形を防止できてしまう点が興味深いです。

  • 動物応用科学科
    動物工学研究室
    教授:滝沢 達也
    准教授:田中 和明
    ヒトや動物の病気を治すため
    細胞や遺伝子について研究

    ヒトや動物の疾患への応用を目的とした細胞の分子制御や、家畜と野生動物の違いに着目した動物の遺伝子制御にかかわる領域について研究しています。具体的には、ラットの脂肪幹細胞が神経細胞へ分化するメカニズムを調査することで、再生医療への応用をめざす研究(林さん)。動物の神経疾患の一種である、てんかんの原因となる遺伝子を明らかにする研究(小堀さん)に取り組んでいます。獣医療に貢献できるだけでなく、ヒトの治療にも役立てる研究を行えるのが大きな魅力です。

  • 臨床検査技術学科
    生理学研究室
    教授:岩橋 和彦
    准教授:吉原 英児
    薬物の併用がもたらす危険性を
    遺伝子レベルで解明していく

    遺伝子のはたらきの解明や、薬理効果の個体差などのメカニズム解明について研究しています。その中でも私が取り組んでいるのは、薬物代謝酵素遺伝子型判定結果の研究。具体的には、複数の薬物を併用した場合、身体にどんな副作用が起こり、どのような危険性があるのかを遺伝子の型ごとに調査する研究で、テーラーメイド医療の一助となることをめざしています。また、研究だけでなく臨床検査技師に求められる生理検査についても学べるため、より広い知識と視野を養うことができます。

  • 食品生命科学科
    食品衛生学研究室
    教授:福山 正文
    講師:大仲 賢二
    食品の安全と安心を守るための
    検査法の開発や研究を実践する

    食べ物に含まれている食中毒菌などの危険物質に対して、どのように対応していけばよいかを、さまざまな実験を通じて研究していきます。研究テーマは、食べ物の中に含まれている食中毒菌をより正確に見つけ出す検査方法の開発(國武さん)、卵の加工品を対象とした黄色ブドウ球菌の新型毒素についての研究(湯口さん)などが挙げられます。実際に手を動かしながら食中毒菌の性質などを研究していくので、教科書を読むだけでは得られない深い学びが実践できます。

  • 環境科学科
    環境分析学研究室
    教授:伊藤 彰英
    さまざまな環境物質を分析しながら幅広い研究テーマに取り組んでいく

    環境分析学研究室では、環境中に存在するさまざまな物質を分析・評価し、その生物影響を調べる研究を行っています。生物影響の調査対象は動物から植物、遺伝子レベルの微細なものまで、幅広い選択肢の中から選択することが可能です。私たちのように、沿岸海水中にごく微量に含まれる重金属元素を分析することで汚染状況を明らかにする研究(日野さん)や、環境中に存在する新規の化学物質が人体に与える変異原性を簡単な操作で試験する方法の開発(吉田さん)など、学生の興味に応じた研究に取り組むことができます。

その他にも各学科ごとに注目の研究室を紹介しています!

大学総合案内パンフレット 資料請求はこちらから

SHAREPickup Studyの情報をシェアしよう!

キャンパスライフへ戻る
大学パンフレット資料請求 アクセス Web出願